骨盤の歪みや冷えの改善は不妊(妊娠)に効果的?

骨盤の歪みや骨盤内部の冷えの改善が不妊症に効果的であるという説をよく耳にします。実際、妊活のひとつとして骨盤矯正に取り組んでいるベビ待ちさんも少なくありません。さらには、骨盤の健康を意識したことがきっかけで、赤ちゃんを授かったという方もしばしば見かけます。本当に、骨盤の歪みを正したり骨盤内部の冷えを取り除いたりすることは不妊解消に効果があるのでしょうか?ベビ待ちさんが気になる不妊・妊娠と骨盤の関係についてまとめました。

骨盤内は妊娠に関わる生殖器がおさめられている

骨盤の健康が不妊や妊娠に何らかの形で関わっているといわれる由縁、それは骨盤内部の構造にあります。
骨盤ときくと多くの方はハート型、あるいは楕円のような形をイメージすることと思います。ちょうどおへその裏側あたりに位置し、背骨や頭蓋骨を支える、ひいては全身を支えるという大切な役割がありますが、もうひとつ非常に重要な役割を担っています。それは人が生きていく上で欠くことの出来ない大切な内蔵を包んで守るという役割です。骨盤は例えるなら浅い器のような形をしており、その内部に様々な内蔵がはりつけられるようにしておさめられています。腸、膀胱、そして妊娠に関わる大切な生殖器官である子宮や卵巣もおさめられています。つまり骨盤は女性にとって特に重要な場所と言うことがいえるでしょう。

骨盤の歪みが生殖機能を低下させる恐れが…

それではなぜ骨盤の歪みが不妊につながるといわれているのでしょうか。前述の通り、骨盤内には子宮や卵巣といった生殖器官がおさめられています。そのため何らかの原因により骨盤に歪みが生じると、内部にある子宮や卵巣が圧迫されて本来の働きを十分に発揮できない…といった妊娠への影響が懸念されているのです。
なお、一般に骨盤の歪みは、「足を組む」「頬杖をつく」など日常生活のクセにより徐々に歪んでいくとされていますが、女性の場合は女性ホルモンの働きによっても骨盤が開いたり閉じたりしています。また出産時にも大きく開かれることから、基本的に男性に比べて骨盤が歪みやすいといわれています。。

内蔵が詰め込まれているため冷えが溜まりやすい

骨盤内部は消して広いスペースではありません。そこに、腸や膀胱、生殖器官といった様々な臓器が所狭しと詰め込まれているのですから、当然複雑で入り組んだ状態になっており、血流も停滞しやすくなっています。この血流停滞によって発生するのが「冷え」です。体の各部位の中でも骨盤内部は特に冷えが溜まりやすい場所として知られています。ここにさらに骨盤の歪みが加われば、内部は圧迫されて、より一層、血流が滞り冷えが増すことに…。
骨盤内部に蓄積した冷えはやがて内蔵を冷やし、その働きを弱らせたり遅らせたりするようになります。とりわけ子宮や卵巣などの生殖器官に関していえば冷えてしまうことにより機能低下が起こり、排卵障害や着床障害、女性ホルモンの分泌トラブルなどにつながってしまうことがあるといわれています。

まずは骨盤の歪みをセルフチェック!

骨盤の歪みや内部の冷えが必ずしも不妊につながるというわけではないようですが、骨盤内の構造を考えると、歪みや冷えが“妊娠しにくい状態”を招いてしまう恐れがあるということは大いに考えられます。妊活中の方はより妊娠しやすい体を準備するために、骨盤矯正や骨盤内部の冷え解消を試してみてはいかがでしょうか?
まずは、あなたの骨盤が歪んでいないか簡単にチェックしてみましょう。

骨盤の歪みが気になる方におすすめのエクササイズ

骨盤の歪みを正すため骨盤矯正サロンに通うのは最も手っ取り早い方法ですが、やや料金が高い傾向にあることから、なかなか気軽には通えないという声もよくお伺いします。まずはセルフケアで歪みを正したいという方はぜひ以下のエクササイズを実践してみてください。骨盤の歪みは多くの場合、日常生活におけるクセでつくられていくもの。毎日こつこつエクササイズすることで、少しずつ骨盤を正しい位置に戻してあげることも可能です。

骨盤の歪み セルフチェック
  1. □ 両足を伸ばし、後ろに手をついて座ってください。両足を揃えた時にかかとの位置をみてみましょう。左右の位置は同じでしょうか?ずれているようであれば、骨盤が歪んでいる可能性があります。
  2. □ 鏡の前に立ち、左の腰骨に左手を、右の腰骨に右手を当ててみましょう。左右の手の位置の高さが違っていれば、骨盤が歪んでいる可能性があります。

骨盤内部の冷えはこまめに解消する習慣を!

骨盤内部の冷えはご自身で感じにくいものですから、知らず知らずのうちに溜め込んでしまわないよう、こまめに取り除く習慣をつくりましょう。解消法としては下半身浴がお勧めです。ややぬるめのお湯に下半身をゆっくりつけておくことで体の深部にある冷えを取り除くことが出来ます。
また、最近では骨盤内部を温める「骨盤浴アイテム」も販売されており、非常に人気があります。骨盤内に溜まった冷えを手軽に取り除きたい、のんびり下半身浴する時間がないという方はぜひ試してみるとよいでしょう。

骨盤矯正エクササイズ
  1. [1]仰向けに寝て、両膝をたててください。
  2. [2]左右の両膝が離れないようにくっつけたまま、右に10秒倒します。
  3. [3]今度は両膝をくっつけたまま、左に10秒倒します。
  4. [4]これを10セットおこないましょう。
オススメアイテム

プレゼント


【期間限定】こうのとりの折り紙プレゼント購入者全員「こうのとりの折り紙」プレゼント
(2016年7月2日サイト更新まで

ベビ待ち情報コンテンツ

  • 妊活チェック

    赤ちゃんを授かるための妊活豆知識をご紹介♪妊娠生活にお役立てください。随時更新中!

営業日カレンダー