授乳中のカフェインの影響は?

授乳中のカフェインと母乳・赤ちゃんへの影響

授乳中のママが摂ったカフェインは、少量ですが母乳を通じて、赤ちゃんにも移行してしまいます。カフェインは「眠気覚ましによい」といわれるように、体への刺激性や興奮作用があるといわれるものですから、授乳の度に赤ちゃんの体内に蓄積されてしまうのはすこし心配なことです。
一説には、母乳を介してカフェインを摂取した赤ちゃんは、寝付きが悪くなったり、疳の虫を起こしたりしやすくなると言われています。また、乳幼児突然死症候群の発症率も、カフェインを摂っていない場合に比べると高いという報告があります。
大切な赤ちゃんが毎日元気で機嫌良く過ごせるように、授乳中はなるべくカフェインの摂取を控えたいものです。

授乳中のママのカフェイン対策

カフェインが入った飲み物…例えばコーヒーや紅茶は、多くの方にとって「ほっと一息つきたい時」のリラックスドリンクでもあります。ですから、いくら赤ちゃんに良くないからといって、全く摂らないようにするのは非常にストレスを感じるものです。
そんな時は授乳が終わった後にカフェイン量を薄くして飲むようにするか、ノンカフェインドリンクを利用してみましょう!
カフェインが含まれていない「ノンカフェイン」と呼ばれる飲み物には、麦茶や杜仲茶や甜茶(てんちゃ)、ハーブティー全般などが挙げられます。また、ハーブや雑穀を使ってコーヒー・紅茶味を再現したもの、原料からカフェインを除去したもの(デカフェ)など、様々なカフェイン対策ドリンクがあります。

お茶・コーヒーのカフェイン含有量(抽出液100mlあたり)

飲料名 カフェイン含有量
コーヒー 60mg
紅茶 30mg
烏龍茶 20mg
番茶 10mg
ほうじ茶 20mg
煎茶 32mg
玄米茶 10mg
抹茶 32mg
玉露 160mg

※文部科学省による五訂日本食品標準成分表より
※茶葉の量・湯温・抽出時間などによってカフェイン含有量は異なります。